接続詞 逆に、反対に

(定義)

 対比の接続詞
 句と句、文と文を結びます。
 「前で述べたことがら」に対し「前で述べたことがらと相反する意味・状態・内容のことがら」を並べて、「前で述べたことがら」と対比させ「後で述べたことがらの意味・状態・内容」が「前で述べたことがらの意味・状態・内容」と相反することを強調したい時に使います。
 「逆に」が話し言葉的でやわらかい言い方。
 「反対に」が書き言葉的でかたい言い方。

 
 

(例文)

・福井県に住んでいるが夏はとても暑い。逆に、冬は大雪が雪降り雪が積もってとても寒い。
・福井県に住んでいるが夏はとても暑い。反対に、冬は大雪が降り雪が積もってとても寒い。
・この坂道は自転車で登るのがとても大変だ。逆に、下る時はとても楽だ。
・この坂道は自転車で登るのがとても大変だ。反対に、下る時はとても楽だ。

 同じ対比の接続「一方(いっぽう)」との比較

・福井県に住んでいるが夏はとても暑い。一方、冬は大雪が雪降り雪が積もってとても寒い。

・この坂道は自転車で登るのがとても大変だ。一方、下る時はとても楽だ。

 比較すると、「一方」と「逆に、反対」の意味のちがいがよく分かると思います。

ポトス ホームへ