接続詞 すると

(定義)

 順接の接続詞。
 文と文を接続します。
 前で述べた出来事が起きた後に、その結果としてある出来事がすぐに起きる場合に使われます。
 また、前で述べた内容を根拠として簡単に考えられる事実を述べる場合に使われます。

 
 

(例文)

・雷が近くに落ちてドーンっと鳴った。すると、子供が泣き出した。
・桃太郎はサルにきびだんごをあげました。すると、サルは仲間になりました。
・野良猫に向かって「ニャー」と鳴いてみた。すると、猫も「ニャー」と鳴いた。
・「今、日本の借金は1000兆円です。」「すると、国民1人あたり約800万円の借金を背負っているということですか。」
・「お父さん機嫌がいい。」「すると今日の釣り大漁だったのかな。」

ポトス ホームへ