接続詞 けれども

(定義)

 逆接の接続詞。
 句と句、文と文を結びます。
 ある事柄に関して、ふつう「そうである」「そうなる」とは思えない事柄を述べる場合に使います。
 また、ある事柄に対して、対照的な事柄を対比して述べる場合に使われます。
 他にも、前の事柄に対する話し手の意見、感情を述べる場合に使われます。
 「しかし」が前に述べる事柄よりも後で述べる事柄に非常に重点を置いているのに対し、「けれど」は前に述べる事柄にある程度重点を置きつつ、後で述べる事柄に前の事柄よりも重点を置いています。
 「けども」「けど」は話し言葉で、くだけた言い方です。

 

(例文)

・今はまた2月です。けれども今日は春のような日差しでとてもあたたかいです。
・英語の読み書きはできるけれども、話すことはできません。
・タバコが値上がりするそうだけれども、それで本当に税収が増えるのだろうか?

ポトス ホームへ