作文と論文のちがい

〈作文〉

 主観的、叙述的、描写的内容のもので、随筆文や紀行文、手紙文がその具体例。読み手に筆者の感情、感動を伝達することが目的である。

〈小論文(論述文)〉

 小論文は、政治、経済、社会、文化などの各分野の動向などについて、一般の人が看過しがちな物事の問題点などについて、一定の知識・情報に基づき、物事の善悪・長短・優劣などを論じて、価値を定めて、批評し、自分の意見を加えながら解説するとともに、物事の善し悪しを批評したうえで、その価値や正当性などを判定し、批判を加えることである。

「スラスラ書ける作文・小論文」(板垣英憲著) P90より引用

ポトス ホームへ