合格小論文を書くためには

 @ ふだんから、自分の考えのもとになる知識を積極的に吸収しておく。

 A いざ問題を見てから書き始めるまでの、自分の考えのまとめ方をマスターする。

 B 実際に書くときの具体的なノウハウやテクニックをマスターする。

「勝てる小論文」(西村路幸雄・村本正紀) P14より引用

ポトス ホームへ