知識の幅を広げる

 知識の幅を広げることによって、小論文を書くための基礎力を培うことになります。なぜなら、実際に小論文を書くときには、新聞・雑誌や本、テレビなどで知り得た問題点、原因の分析やそれに関する解決策、反対意見などの知識を活用して書いていくことになるからです。

 小論文は、自分がよくわかっていることを書かなければとても最後まで書ききることができません。想像やあやふやな知識ではとても字数を埋めていくことができず、途中で書くことがなくなり力つきてしまいます。

「小論文トレーニング」(貝田桃子) P79〜80より引用

ポトス ホームへ