広い視野に立つこと

 独りよがりや自己陶酔的な意見、主張は、読み手の反発を招きます。一つの物の見方にもいろいろな見方があるものです。物の見方は多面的に、そしてどの側面を選ぶかは、広い視野に立って選択することです。そこから自分の発想を展開し、あなた独自の意見を書いてください。

「すぐに役立つ小論文の書き方」(池田一臣) P23より引用

ポトス ホームへ