自分の土俵の中でかけ

 自分の知っている範囲で、あるいは得意とする分野を前面に押し出して書くのがよい。生半可な知識や経験で余計なことを書くとヤケドをする。

「日本語の文章術」(奥秋義信) P323より引用

ポトス ホームへ