段落の切り方

 心構えとしては、主題についてのアイディアを充分に生かすために最上の方法を考えることが肝要である。段落の切り方で、文章のよしあしが出てくることがある。段落を切るということは形式上のことであるが、同時にそれは内容を規制する。段落の形式は、その内容と不即不離である。

 起・承・転・結、首・胴・尾、序・破・急、序論・本論・結論など、段落の切り方はいろいろくふうされている。文章の種類によって使い分けるとよい。

「大学生の作文・論文の基礎」(陣ノ市宣男) P110より引用

ポトス ホームへ