時間割の予行演習は3度

 小論文や作文を自宅で書いて提出する場合はいいが、試験場で書く場合は時間との戦いになる。制限時間内に書きあげるために、書く手順の時間割をつくり、予行演習を最低でも三度しておこう。

「合格する作文・小論文の書き方と文例集」 P30より引用

ポトス ホームへ