論文は問に答えるもの

 「焦点をはっきりさせよ」、「論旨を明快に」、「筋道を明らかに」。それがよい論文を書くコツだといわれますが、そのためには具体的にどうしたらよいのでしょう。答は「問題を見出すこと、問を明らかにすること」です。論文は、問に答えるものだからです。

 しかし、「問題を見出す、問を明らかにする」とは、いわゆる問題意識をもつことではありません。問題意識をもつのは結構なことですが、それはふつう、この辺に解決されねばならぬ問題があるらしいという漠然とした感触をもつことを意味しており、それだけではよい論文は書けません。

 よい論文を書くための大前提「問題を見出すこと、問を明らかにすること」は、「問題意識」から「問題」へと一歩切りこんで問題を疑問文の形で提示することです。

「論文のレトリック」(澤田昭夫)P58〜P59より引用

ポトス ホームへ