アーギュメント

 反論を行ったり、人に何かを薦めたり、説得したりするために、私たちは論理的な発言を行います。というよりも、厳密に表現するなら、そういった目的のための発言は「論理的な発言」であることがベストと考えられています。そして、「論理的な発言」が採るべき形式がアーギュメントです。アーギュメントは、数個の前提と結論からなる文章・発言を指します。

 結論のみを述べる文章・発言はアーギュメントではなく、単なるステイトメントと呼ばれます。

 「Aである。だからBである」とか「Bである。なぜならAだから」などの形を採っている発言がアーギュメントです。つまり短い例を示しますと、

 「バッファローが絶滅の危機に瀕している。だから私たちはバッファローを保護しなければならない」

 とか、

 「映画『エルム街の悪夢』では、他のホラー映画と異なり、ヒロインの性格描写に力点が置かれている。だから『エルム街の悪夢』はホラー映画の名作と呼ぶにふさわしい」

 などの発言がアーギュメントです。

 

「論理的に話す方法」(小野田博一)P62〜P63より引用

ポトス ホームへ