必要条件と十分条件

 因果性の認定は慎重を要する作業だが、そのさい必要条件と十分条件を見極めることが非常に大切になってくる。

 まず、「必要条件」と「十分条件」という言葉を説明しなければならないだろう。

 手始めに次の例文を考えてみよう。

 ライオンならば哺乳類である。

 一般的に「PならばQ」が言えるときには次のような関係が成立する。

 PならばQが十分に成立する。

 「ライオンである」という条件は、「哺乳類である」ことが十分に成立する条件である。

 QはPであるために絶対に必要である。

 「哺乳類である」という条件は、「ライオンである」ために絶対に必要な条件である。

 「PならばQ」が成り立つとき

 PはQが十分に成立する条件「十分条件」であり、

 QはPであるために必要な条件「必要条件」である。

 

 必要条件と十分条件を示す図

 

 「ライオンであること」(P)は「哺乳類であること」(Q)のための十分条件で、

 「哺乳類であること」(Q)は「ライオンであること」(P)の必要条件である。

 

  

 「発想のための論理思考術」(野内良三)P111〜P113を引用・参考

ポトス ホームへ