接続詞 が

(定義)

 逆接の接続詞。

 句と句・文と文を結びます。

 「前で述べたある内容から予想される内容とは別の内容」「前で述べたある内容と対照的な内容」を述べる場合に使われます。

 「しかし」「ところが」などの他の接続詞は、後で述べる内容が「予想に反している」「対照的である」ことを強く強調する場合に使われるのに対し、「が」は「予想に反している」「対照的である」ことを軽く強調する場合に使われます。

 

(例文)

・何度も説明書を読んだ、操作の仕方が分からかった。

・何度も説明書を読んだ。しかし、操作の仕方が分からなかった。

・ダイエットのため毎日3キロ走っている。、なかなか体重が減らない。

・ダイエットのため毎日3キロ走っている。しかし、なかなか体重が減らない。

・日本語は簡単だ。、英語は覚えることがたくさんある。

・日本語は簡単だ。しかし、英語は覚えることがたくさんある。

ポトス ホームへ