日本海側に雪が多い理由

それは「季節風」が原因です。

 冬になると大陸から日本に向かって、乾いた風が吹いてきます。これを季節風と言います。

 図

 

 この乾いた風は、日本海を越えるときたくさんの水蒸気を吸い湿った空気になり、日本海側において水分をたっぷりと含んだ雲をつくります。

 この雲が、日本海側にたくさんの雪を降らせるのです。

 湿った空気は、日本の中央にある高い山脈を越える際、山の地形が原因となって起こる上昇気流によりさらに雲を発達させ山沿いによりたくさんの雪を降らせます。

 そして、山脈を越えた後は、乾いた空気となって太平洋側へぬけます。

 そのため冬は日本海側にたくさんの雪が降り、太平洋側は晴れた日が多くなるのです。

ポトス ホームへ